あしもとの幸せ

 

KINOTTOの靴下をおろした日には、

新しい服に袖を通したときのようにウキウキした気分になるだけでなく

自分自身が労られていると感じるのは、きっと気のせいではありません。

 

「いつもお疲れさま、楽しい1日でありますように」

「あしもとを包み込む準備万端で待っていましたよ」

「いつも頑張っているから、今日のあしもとくらいはリラックスして過ごしてね」

 

そんな声が聞こえてくるような不思議な感覚。

 

とくに新品に足を入れた途端に感じられる触感はとても独特で、

この靴下にすっかり馴染んだ私たちでさえも

いつもハッとするほど魅力的で優しいのです。

 

 

KINOTTOのリバーシブルソックスは、

ふわふわと輪になった糸がタオル生地のように見える側(パイル面)

つるりと滑らかに編まれたニット生地の表面が見える側(フラット面)

どちらを表にも裏にも使える靴下です。

それぞれの履き心地の感覚を

(これまでに伺った感想をもとに)あえて表現してみるならば、

 

パイル面を裏側にして履くと(写真左)、もちもちとした触感が強く感じられ

フラット面を裏側にして履くと(写真右)、滑らかな肌触りが強く感じられる

 

というところでしょうか。

 

 

パッと目を引くカラフルな色目もこの靴下の人気の理由ではありますが、

大きな特徴の一つは、締め付けを感じないその履き心地。

 

 

糸がみっしり詰まった見た目から、

少し窮屈なイメージを持たれた方もご安心ください。

 

緩やかながらふんわりフィットしてくれるので、

圧迫感が苦手な方にもおすすめです。

  それからもちろん、リバーシブルであることも大きな特徴。

 

このアイデアは、試作途中に職人さんとのやりとりから生まれたもので、

一般的な靴下をつくる際にはあまり注目されない細部や使用する糸、

仕上げの工程などにもひと手間かけて

うまく調整してもらうことで可能になりました。

一見なんの変哲もないような顔をしたリバーシブルソックス。

 

実力の割にちょっと控えめにも感じる佇まいのこのアイテムが、

やさしい風合いや快適な履き心地を保ちながらリバーシブルになる過程には、

密かに熟練の知恵が詰まっているのです。

 

季節柄、衣類の色目が暗くなりがちなこれからの時期。

 

コーディネートの差し色や遊び心のワンポイントとして、

あしもとをやさしく彩ってくれるKINOTTOの靴下と

幸せな時間をお過ごしくださいね。

気にしなくて良いという快適さ

 

秋の深まりを感じる季節がやってきました。

 

日々何気なく手にする服も袖の長いものに変化し、

「あぁ、これから冬に向かっていくのだなぁ」と実感するとともに、

衣類の着心地にあらためて目を向けるタイミングでもあります。

それには、おそらく単純に

「衣類が身体に触れる範囲が広くなるため肌触りが気になる」

ということもありますが、

重ね着のシーズンには、それをインナーとして使う機会も多くなるので、

「結局いま着ているものとの付き合いが長くなるので気になる」

ということもあるかもしれません。

 

さなざまな思いが巡るこんな時期にも、

KINOTTOの長袖Tシャツが活躍中です。

 

特に近年、自宅で過ごすことが圧倒的に増えている状況下では、

年間を通じてエアコンの効いた室内で過ごすことも増えていて、

本来ならば肌寒くなる時期から身につけていた袖付きのカットソーを、

一年中愛用していたという声も。

ふんわりコットンが心地よいカットソーシリーズは、

日本国内で活躍する職人さんの協力のもとつくられている、

KINOTTOがぜひ推薦したい商品です。

 

今回は、その素材である「生地」を作る過程について

少しだけご紹介してみたいと思います。

 

まず、KINOTTOのカットソー生地は、

紡績工場(糸をつくる工場)での原料の綿との出会いから始まります。

 

この紡績工場で扱う原料は、

綿花自体の品質はもちろん、

綿花畑での労働環境や地球環境などの未来にも配慮しながら、

「人に優しく、地球に優しい」という目線から選ばれていることも大きな特徴で、

私たちがこの工場に信頼を寄せる理由の一つにもなっています。

(近年はSDGsの影響もあり、

このような声が大きくなってきたことは嬉しい限りですが、

この工場では何とこれまで20年以上に渡りその活動に取り組まれているのです!)

 

紡績工場では、原料となる綿花の繊維を丹念に取り出して整え、

自社で開発された特殊な機械で撚糸(撚り合わせて糸に)し、

この後の「編み」や「織り」や「染色」に備えた状態に

セットしていく工程を行います。

(ここまでが紡績工場で行われます)

 

そうしてできあがった糸は、

KINOTTOの思い描く素材に仕上がるよう詳細に調整した大きな編み機に

一本一本設置され、生地として編み立てられる工程に入ります。

(これは編立工場で行われます)

 

編まれた生地(この時点では大きな筒状です)は、

さまざまなカタチとなり消費者の手に渡ってからも

なるべく不具合が起こらないよう、

風合いや編み目を整えるため水に泳がせ、風を通し、

なるべく自然な状態で歪みを起こさない反物状の生地に調整します。

(これは整理工場で行われます)

 

そして、この後ようやく私たちの元へ届けられます。

 

KINOTTOでは、このような過程を通じ、

原料や素材について熟知している方々からご教授いただいたその特性や、

こんな生地に仕立てたいという意識を共有してものづくりをすることで、

素材自体の魅力も最大限に生かしながらのデザインが可能になりました。

 

もちろんシルエットや仕様に関してはオリジナルでパターンを作成し、

さまざまな暮らしに寄り添うことを意識した優しい着心地に仕立てています。

 

 

この素材の大きな特徴の一つは、

ふんわり膨らみがありつつ自然な艶感があること。

(少しマニアックかもしれませんが、

この二つの要素を両立する綿花はとても少ないのです。)

 

つまり、カジュアルなのに粗野になりすぎず、

天然素材ならではの優しい雰囲気にほんのり上品さも感じられるため、

「Tシャツ類はちょっと苦手」と感じている大人の方にもオススメです。

KINOTTOの長袖Tシャツのデザインの特徴は、

ゆったりとした肩まわりと身幅、そして広すぎない袖口。

暮らしの中心にもなり得る水回りにおいて、

長袖の衣類のデメリットは

袖口が濡れてしまったり作業の邪魔になってしまうこと。

 

袖口付近を少しタイトな設定にすることで、

キュッと肘側に寄せれば下がりにくく、

なるべく作業に集中できるのも便利です。

(上着を重ねたときにも、もたつかずスッキリ着ていただけます。)

 

肩まわりが動かしやすくなっていることも、

日常の動作に余計なストレスを感じないための、ちょっとしたポイント。

 

急に外出することになって着替えなくちゃ!?

とか、

洗い物したら袖口が濡れちゃうかも

や、

作業中になんだか肩が動かしにくいな

など。

そんなことは、この長袖Tシャツさえ着ておけば気にしなくても大丈夫。

ちょっとしたことを気にしなくてもいい毎日は、案外快適なものですよ。

 

この布が本領発揮のシーズンです    ー いつもの日々のほどよい布 − 2 ー

 

単純なかたち。

さっと取り出して使いやすいサイズ感。

洗濯に強い素材感。

吸水性や手触りの良いもの。

丈夫であること。

綺麗な色のもの。

 

毎日の現実的なくらしにおいて

「特によく使っている布」についてあらためて考えてみると、

こんな共通性が浮かんできました。

 

 

この書き出し、すでにどこかで見たような・・・・

(気づいてくださった方、いつもありがとうございます。

そして何度も失礼しました。)

 

そう、前回の「いつもの日々のほどよい布」のなかで、

キッチンクロスについて掲載した文章と全く同じなのです。

 

 

このところすっかり秋めいて、

残暑の中にも肌寒さを感じる日が増えるとともに、

身近で活躍する機会がグッと増えている

「あるアイテム」について思いをめぐらせたとき、

 

「あれ!この布にも共通している」とあらためて気づき、

少し驚きつつまた書いてしまいました。

 

 

よく使っている =(イコール)便利な布の特徴は、

それ自体のサイズや風合いによって使われる場所や用途こそ違えど、

ある程度共通しているようです。

 

 

さて今回の「あるアイテム」とは、KINOTTOのリネンガーゼストール。

実はこのストール、私たちにとっては年間を通して側にある、

かなりほどよい存在です。

 

つい先日まで続いていた強烈な暑さと日差しの厳しい真夏にも、

このシンプルな布は大活躍。

 

クーラーの効いた室内では、ついつい涼しさに慣れてしまい、

無意識に身体が冷えがちになることから守ってくれたり、

灼熱の太陽のもと、ちょっと近所に買い物に出る際には、

首から肩を覆って日焼け防止の日除けとしても。

 

 

そして、このところ登場回数が増えているのは、

外出時の羽織代わりとして持ち歩くようになったから。

 

 

いまの時期ジャケットやコートはまだ早い気がするけど、

突然肌寒くなったり、朝と夜の急激な気温の変化もなんだか少し不安です。

 

 

そんな予測の難しい天候が続いたら、

必要かどうかを考えることなく、とにかく一枚バッグに忍ばせて出かけます。

畳んだものを縦長に丸めればコンパクトに持ち運べるのも安心。

 

 

終日寒いとわかっている日にはアウターを着て出かけますが、

普段の荷物は、なるべく大袈裟でなく身軽であることが快適です。

 

まさに季節の変わり目こそが、このストール本領発揮のタイミングなのです。

 

もし出先で思いのほか冷えてきてしまっても、

首まわりや肩まわりをふわっと覆えるだけで寒さが和ぎ気持ちもほぐれ、

さらには綺麗な色が目に入ることで、ちょっぴり元気がわいてくることも。

 

KINOTTOのリネンガーゼストールは、

バリエーション豊かなカラーや大きめのサイズ感も魅力ですが、

その肌触りも大きな特徴のひとつ。

 

ガーゼ生地ならではの通気性の良さと柔らかさだけでなく、

さらに魅力的な風合いのために、

私たちは生地を織りあげる織機(しょっき/生地を織る機械)にも注目しました。

 

取扱いの手間や利便性追求などの面から、

いまとなっては扱っている工場が限られる

昔ながらの織機を用い丹念に織りあげることで、

糸と糸の間に自然なゆとりが生みだされ、

この生地特有のしなやかで優しい肌触りに仕上がっています。

 

 

首に巻いたり、肩にかけたり、膝にかけたり、テーブルにかけたり、

たまには気軽なピクニックで敷きもの代わりにしてみたり。

老若男女問わず、さまざまなライフスタイルに寄り添えるやさしい布。

ある時この魅力的な布を作り出す過程を

実際に目と手を通して確かめたくて、

工場の方に無理をお願いして体験修行させてもらったことがありました。

 

学ぶことが多く本当に貴重な経験だったと今更ながら身に染みています。

 

残念ながら会いたい人にも気軽に会えない状況が続いている現在、

これまで職人さん達から教えていただいた

沢山のことがあらめて鮮明に思い出され、

日本各地の素晴らしい産地やその未来についても思いを馳せる毎日です。

いつもの日々のほどよい布

 

単純なかたち。

さっと取り出して使いやすいサイズ感。

洗濯に強い素材感。

吸水性や手触りの良いもの。

丈夫であること。

綺麗な色のもの。

 

毎日の現実的なくらしにおいて

「特によく使っている布」についてあらためて考えてみると、

こんな共通性が浮かんできました。

タオルやハンカチなど特定の仕事を任せている布はもちろん、

家中のふとした場所で

ちょっとした目隠しやホコリよけとして何かを覆っていたり、

その日の料理や気分に合わせテーブルに敷いたりしている日々の布たち。

 

大きすぎず小さすぎない使い勝手の良いサイズ感のものは、

ふとしたときに持っていて良かったと思える安心感さえ与えてくれます。

 

KINOTTOのキッチンクロスもそんな便利な布のひとつ。

いつも食事の後片付け毎に食器の水分をさっと拭き取ってくれる頼もしいその姿。

 

お皿をすっぽり包み込んで拭けるよう

キッチンクロスとしては少し大きめのサイズに設定していることや、

糸と糸の間に程よくゆとりがうまれ自然な立体感が作り出せる

オックスフォードクロスに織りあげたことで、

リネン素材の良い面がより際立っているのも、このクロスの特徴です。

リネンは天然繊維の中でも特にキッチンクロスに適した特性を持つ素材。

 

吸水性や吸湿性が高く、水分を発散するのも早いこと。

丈夫で水に強く、水に濡れると強度が増す繊維であること。

使い込むほどに柔らかく馴染んでいくこと。

通気性に富むため細菌が発生しにくく、菌の発生率が低いこと。

繊維に汚れをしみ込みにくくする性質があるため、汚れにくく、汚れが落ちやすいこと。

 

こうしてあらためて確認してみても、ちょっと嬉しくなってしまうほどの適性度。

きちんと取り扱うことで清潔感を保ちやすく衛生的にもとても頼りになる素材なのです。

 

個人的に愛用しているリネンのクロスには、かれこれ数十年活躍しているものもずらり。

(もちろんKINOTTOのキッチンクロスもブランド創業以来使い続けています。)

 

長年使い続け、すっかり手に馴染んだ道具への愛着はひとしおながら、

新しく手にしたクロスが時を経て自分の暮らしと一体になっていく感覚も、

なんとなく微笑ましく嬉しいものです。

 

それから、キッチンで長年便利に活躍してもらうためには、

必要な時にパッと使える場所にしまっておくことも

暮らしから得た知恵のひとつといえるかもしれません。

 

毎日の台所仕事をこなすあなたの身近な引き出しに、

KINOTTOのリネンキッチンクロスも仲間入りさせてみるのはいかがでしょうか?

優しい空気と穏やかな関係性

世界中のものごとが大きく変化し戸惑うことも多いこの状況のなか、

快くKINOTTOの訪問を受け入れてくれた、お菓子研究家の本間節子さん。

 

この春のatelier h(アトリエ エイチ)での素敵なひとときは、

本間さんと親しい友人であるスタッフの存在も後押ししてくれたものでした。

(KINOTTOのカタログモデルに本間さんを紹介してくれたのも彼女です)

ともに過ごすなかで感じたのは、2人の間に漂う優しい空気と穏やかな関係性。

 

人と人とが離れて過ごすことを余儀なくされている現在、

あらためていいなと感じたそんな2人の関係性は、

一体どのように培われてきたのだろう?

 

そんないきさつに興味がわいて、そっと話を聞いてみることに。

出会いのきっかけは、本間さんのお菓子づくり教室に足を運んだこと。

いまから17年前のことだとか。

 

もともと習い事が得意なタイプではないんだけど・・・

先生(彼女は本間さんのことをこう呼びます)のレッスンは

自然と通い続けることができたの。不思議だよね。

 

少し恥ずかしそうにそんなことも教えてくれました。

 

にこにこと聞かせてくれたエピソードの数々はとても興味深く、

ここで全てをお伝えができないのが残念なのですが、

何気なく語られるその内容は、

とても幸運な「偶然」に満ちていると気がつきました。

 

まず、その出会いのきっかけもまさに偶然。

 

お菓子づくり教室に通うことは全く頭になかったのに、

当時出会った新しい友人にたまたま誘われ、

なぜか行ってみる気になったのだそう。

(そもそも習い事が苦手なので、とても珍しいことだったのだとか)

 

また、レッスンに通う前から

本間さんのお菓子の本をすでに所有していたことも判明。

(そのことには後々気づきびっくり!)

 

そして、交通の便の良いルートや距離に

お互いの住まいがあったことも。

(こういうことも思いのほか重要な偶然といえるかもしれません)

 

そのほかにも、2人の距離を縮めるようなきっかけは重なります。

レッスンに通うなかで自然と目にすることとなる道具類、

お互いが身につけているものの好み、住まいや暮らしかたに関する感覚など、

共感するものごとが多くとても気が合った2人。

 

もちろん、本間さんのつくる

「素材を大切に愛らしく丁寧につくられるお菓子」に心を打たれたこと。

そして、お菓子づくりという魅力的な体験を共有することが軸となり、

この良好な関係が培われたことは間違いありません。

 

そしてまた、その陰にたくさんの偶然があったことも。

人と人との出会いはとても不思議です。

ふとしたタイミングで良い巡り会いが続いたり、

ぱったり何にも会えなかったり。

そしてその出会いの行方にしても、その後の関わり合いによって、

どんな感触のものにでもなりえるのだから。

 

 

現在2人は、お互いの人生を静かに見守りながら互いに応援し合えるような、

穏やかで心強い関係になっているそう。

KINOTTOが今回の話にふれ、思いあたったことがありました。

 

それは、「衣、食、住」という

「暮らしの基本となる感覚」を共有しつつ交流を重ねてきたことも、

2人の穏やかな関係性に大きく影響しているのではないかということ。

 

生活が多様化している今日この頃、

個々の暮らしに触れる機会は案外少ないことにも気づきます。

暮らしに寄り添うブランドKINOTTOにとって、

暮らしとともに培われた関係性に魅力を感じたのは、

もしかしたら必然であったのかもしれません。

 

ふとそのとき

「KINOTTOのモデルにいい人がいるよ」と本間さんを紹介してくれた

彼女の顔が頭に浮かび、

何だかとても嬉しく温かい気持ちになるとともに、

いつでも出会いを大切にしていきたいと

あらためて心に留めた出来事でした。

 


 

現在、本間節子さんの新刊が全国書店にて販売中。

 

『やわらか とろける いとしのゼリー』(主婦の友社)

 

 

これからの季節にもぴったり。

涼やかで目にも優しいレシピでいっぱいの新刊もぜひご覧くださいね。