KINOTTOの工場見学(靴下編)

11月に入り日々寒さが増していくのを感じる季節になりました。
朝の身支度の際に、ふわふわの靴下に足先を包まれるのが
ちょっとした楽しみになりつつある今日この頃です。

そんなふわふわ靴下の季節に合わせたかのように、
先日KINOTTOの靴下を作っていただいている工場にお邪魔してきました。
今回は、少しだけその様子をお見せできればと思います。

ところで、日頃何気なく身に付けている靴下ですが、
日本一の生産地は奈良県だという事をご存知でしょうか?
靴下生産100年を越すこの産地でKINOTTOの靴下も作られています。

こちらが靴下工場の様子です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々なタイプの機械が整然と並べられており、
その特徴に合わせて機械を使い分けています。

そして、それぞれを職人さんがチェックしながら
編み立てを進行しています。

ちょうどKINOTTOの靴下の編み立て中の様子を
機械を開いてみせていただきました。

輪の外側に配置された針で糸をひろいながら筒状に編んでいきます。
高速で回転する機械の様子は(自分で編み物をすることと比較すると)
本当に奇跡の様なスピードと正確さです。

さて、機械で編みあげた靴下のつま先部分は、
ぱっくりと開いた状態になっています。

これをひとつひとつ丁寧に手作業で端と端を合わせて・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つま先を縫い合わせる機械に通していきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これで靴下の成形は完成です。
(一番右にあるのがつま先を縫い合わせる前の状態です)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

KINOTTOでは、このあと加工を施すことで
独特の柔らかさに加え伸び感とフィット感をともなった
ふわふわの靴下へと仕上げています。

今回は簡単にかいつまんだ行程を見ていただきましたが、
KINOTTOの靴下は、まだまだ手のかかる行程をいくつも経ることで完成し、
その後、いろいろなお店に並べていただくことでやっと
お客様にお届けすることが可能になります。

今も昔も、さまざまなジャンルの職人さんの技術や
手作業で行われる行程の正確さや細やかさによって
私たちのものづくりは支えられています。

今後もKINOTTOを支えて下さっている国内のいろいろな工場の様子を
少しずつですがご紹介できればと思っていますので、お付き合いいただければ嬉しいです。