日常に寄り添う道具KINOTTO – お菓子教室atelier hにて – 後編

atelier h(アトリエ エイチ)へ伺ったKINOTTO。

お菓子研究家の本間 節子(ホンマ セツコ)さんに、

このアトリエキッチンで活躍しているKINOTTOの道具の使い心地をお聞きしています。

 

アトリエでは、もう一つ大活躍していたKINOTTOの道具がありました。

タオルです。

手を拭くときはもちろん、机を拭くとき、ボールを支えるとき、

吸水力があってやわらかいこのタオルは、とっても使いやすいと教えてくれました。

 

 

使い心地をお話ししつつも、その手はテキパキ動く動く。

あっという間に、レモンのパウンドケーキが焼きあがりそうです。

 

いつもテーブルセッティングをして、お教室の生徒さんと出来上がったお菓子を食べるのだそう。

今回は、早速新しいエプロンクロスを使ってみていただきました。

巻いてみて、開口一番に言ってくださったのは、

「腰にきゅっと巻いたらエプロンになって、テーブルに敷いたらテーブルクロスになる。

これはとっても便利だと思います!

キミドリを使ってみて、すぐに色違いが欲しくなった。」

気に入ったアイテムを買い足していただけるのは、KINOTTOが一番うれしいこと。

最高の誉め言葉です。

 

 

 

 

KINOTTOの道具達が旅立った先での活躍を目にできたことで、より多くの場面で暮らしを彩る道具となれるよう、またこつこつとものづくりしていきたいと心にメモしました。

 

そして、この美しいパウンドケーキは、このあとすぐ私たちのお腹の中に入ったことは言うまでもありません。

美味しかった…心も身体もやさしく健やかになりました。

 


 

 

本間節子さんの作るお菓子はとってもやさしい味。

素材を大切にしたメニューは、

人の手から生まれるものが好きだという彼女が、

食べた人をにっこりさせてくれるお菓子を、それぞれの人の手を通して味わってもらえたら。

との思いも込めて作られています。

 

本間さんの新刊は、現在書店にて販売中です。

 

【お菓子をつくる 季節を楽しむ82レシピ】

主婦の友社

 

協力:

本間 節子(ホンマ セツコ)

お菓子研究家

毎日食べたい、やさしいお菓子を、季節感や作ることの楽しさと一緒に提案するため、小さなお菓子教室を開く。

atelier h(アトリエ エイチ)主宰。

https://www.atelierh.jp/_top.html

 

 

 

 

日常に寄り添う道具KINOTTO – お菓子教室atelier hにて – 前編

 

前日に降り続いた雨が、朝起きるとすっかり上がっていて、

水分を含んだ空気がふわりとやさしい春のある日。

KINOTTOは、atelier h(アトリエ エイチ)へ向かいました。

 

atelier hは、KINOTTO2冊目のカタログモデルをしていただいたお菓子研究家、

本間 節子(ホンマ セツコ)さんのアトリエキッチンです。

彼女とKINOTTOの出会いは2年前。

 

 

 

カタログ撮影のあと、なんとアトリエでもKINOTTOの道具を愛用してくださっているとのこと。

日々の仕事場で活躍している道具達は、どんな表情をして、どんなふうに働いているだろう。

ぜひ、お話を聞いてみたい!

今回は、atelier hに通っているスタッフも一緒にわくわくしながらお伺いすることにしました。

 

 

 

アトリエの扉を開けると、よく使いこまれ肌に馴染んだKINOTTOのエプロンを身につけた本間さんが出迎えてくれます。

すっきりとした清潔感のある空間に、どこかやさしい空気が漂うアトリエ。

さりげない存在感を漂わせつつ、心地よく並んでいるKINOTTOの道具達。

まずその姿を見ることができただけで、とてもうれしい気分に。

 

 

 

 

本間さんは職業柄、たくさんのエプロンをお持ちです。

お気に入りの中から、その日のお仕事にKINOTTOをえらぶときのポイントを教えてくださいました。

 

「KINOTTOのエプロンは、両手を広げてパンッと干すだけで、

乾いた時にも”しわ”が気にならなくて、とっても清潔感があるの。

なので、お教室の時のように、人の目に触れる時にはよく使います。

アイロンいらずで、パンッと干すだけ!っていうのは、私の性格とよく合っているし。」

そうチャーミングに笑う本間さん。

 

 

 

 

 

シンプルながらも、KINOTTOならではの使い心地を実感していただけているなあとうれしくなります。

リネンのオックスフォードクロスは、洗濯を繰り返し、生地がなじむほど吸水性がどんどん出てくるので、道具としての使いやすさも増してきます。

「キッチンクロスのキミドリは、使っていて楽しい気持ちになるね。目が喜ぶ。」

日々のお菓子作りでも、作ったり食べたりを楽しむことを大切にしているという彼女の、そんな言葉がわたしたちに栄養を与えてくれます。

 

 

 

 

このお話は、後編へつづきます。

 

 

本間さんの新刊は、現在書店にて販売中です。

 

お菓子をつくる 季節を楽しむ82レシピ

主婦の友社

 

 

 

協力:

本間 節子(ホンマ セツコ)

お菓子研究家

毎日食べたい、やさしいお菓子を、季節感や作ることの楽しさと一緒に提案するため、小さなお菓子教室を開く。

atelier h(アトリエ エイチ)主宰。

https://www.atelierh.jp/_top.html

 

KINOTTOで使用しているコットンのハナシ

KINOTTOのカットソーやタオルの素材として使用しているコットン。
このコットンと出会ったのは、お世話になっている紡績工場に訪れた時でした。

紡績工場とは、糸を作る工場のこと。

糸は、あまりにも身近で当たり前の存在になっていて、日常の中であらためて注目することは多くなさそうですが、編むことでニット製品になり、織ることで生地ができる。私たちのものづくりにも欠かせない重要な存在です。

素材のコットンを求めて伺った紡績工場ですが、素材そのものについてだけではなく、普段の自分達の目線とは全く違う角度からの様々なお話も伺うことができ、それはどれも興味深く心に響くものばかり。
KINOTTOは興味津々でいろいろ質問させてもらいました。

その一つが世界中の綿花畑についてのお話。

枯れ葉剤がまるで当たり前のように使われている現状や児童労働をめぐる話など、人道的にも許されない内容が見過ごされてきている状況は、本当に耳を塞ぎたくなるようなものでした。

けれど、自分達はその現実から決して目を逸らさず、非人道的なことが行われないよう、この仕事が「みんなが幸せになれる仕事」となっているのかを重視し取り組まれているというお話。
そしてさらに、取引する農場には必ず赴き自分達の目で状況を確かめるだけでなく、より良い環境を目指し信頼関係の築ける方としか契約をしないというお話には、安心すると同時にとても心強く感じました。

信頼でき尊敬できる方々との繋がりは、いつでも私たちのものづくりに勇気と前を向く力を与えてくれます。

 

写真は、そのときそっと分けていただいたコットンの原綿(糸の材料となる綿花の綿毛を摘んだもの)。お気に入りの3種類を並べてみました。

ぱっと見でも伝わる色や表情の違いはもちろん、肌触りや特性もそれぞれどれも個性的で魅力的。ひとことでコットンとはいっても、その原料にはこんなにも大きな差があります。

真ん中にあるKINOTTOのコットンは、栽培される土地の環境からふくらみ感が抜群で、白色度が高く、上品なツヤもあるのが特徴。

KINOTTOのカットソーやタオルなどの商品を通じて、この紡績工場がつくりあげる綿糸の魅力も感じていただけたら嬉しいです。

5TH ANNIVERSARY

2020年春

新しい季節の始まりとともに、KINOTTOは5周年を迎えます

気持ちも新たにカラーを見直した定番商品に加え、新商品も本日よりKINOTTOオンラインストアにて発売になります

KINOTTOは、これからも何気なくあなたの暮らしに寄り添いながら、

「あったらいいな」のものづくりをしていきます

山形でのKINOTTO FAIR

山形県のほぼ中央に位置する寒河江市にて、

歴史あるもの、新しいものを大切に、

もの・こと・場所の背景にあるストーリーを丁寧に伝え、

独自に文化を発信されているショップGEAさま。

 

築100年以上の2棟の石蔵をリノベーションした素敵な店内は、

伺うだけだけでもワクワクしてしまう特別な空間です。

 

そんな魅力的な場所にて、

4月20日よりKINOTTO FAIRがスタートします。

 

この春より新しくKINOTTOの仲間に加わった、

KINOTTOおすすめのリネン素材のリバーシブルバックを始め、

これからの季節にもぴったりのあれこれを期間限定でご用意しています。

 

山形にお住まいの方々や、山形にお出かけのみなさま、

春のウキウキした気分と共に、

どうぞショップまで足を伸ばしてみて下さいね。

 

GEA     https://www.gea.yamagata.jp