優しい空気と穏やかな関係性

世界中のものごとが大きく変化し戸惑うことも多いこの状況のなか、

快くKINOTTOの訪問を受け入れてくれた、お菓子研究家の本間節子さん。

 

この春のatelier h(アトリエ エイチ)での素敵なひとときは、

本間さんと親しい友人であるスタッフの存在も後押ししてくれたものでした。

(KINOTTOのカタログモデルに本間さんを紹介してくれたのも彼女です)

ともに過ごすなかで感じたのは、2人の間に漂う優しい空気と穏やかな関係性。

 

人と人とが離れて過ごすことを余儀なくされている現在、

あらためていいなと感じたそんな2人の関係性は、

一体どのように培われてきたのだろう?

 

そんないきさつに興味がわいて、そっと話を聞いてみることに。

出会いのきっかけは、本間さんのお菓子づくり教室に足を運んだこと。

いまから17年前のことだとか。

 

もともと習い事が得意なタイプではないんだけど・・・

先生(彼女は本間さんのことをこう呼びます)のレッスンは

自然と通い続けることができたの。不思議だよね。

 

少し恥ずかしそうにそんなことも教えてくれました。

 

にこにこと聞かせてくれたエピソードの数々はとても興味深く、

ここで全てをお伝えができないのが残念なのですが、

何気なく語られるその内容は、

とても幸運な「偶然」に満ちていると気がつきました。

 

まず、その出会いのきっかけもまさに偶然。

 

お菓子づくり教室に通うことは全く頭になかったのに、

当時出会った新しい友人にたまたま誘われ、

なぜか行ってみる気になったのだそう。

(そもそも習い事が苦手なので、とても珍しいことだったのだとか)

 

また、レッスンに通う前から

本間さんのお菓子の本をすでに所有していたことも判明。

(そのことには後々気づきびっくり!)

 

そして、交通の便の良いルートや距離に

お互いの住まいがあったことも。

(こういうことも思いのほか重要な偶然といえるかもしれません)

 

そのほかにも、2人の距離を縮めるようなきっかけは重なります。

レッスンに通うなかで自然と目にすることとなる道具類、

お互いが身につけているものの好み、住まいや暮らしかたに関する感覚など、

共感するものごとが多くとても気が合った2人。

 

もちろん、本間さんのつくる

「素材を大切に愛らしく丁寧につくられるお菓子」に心を打たれたこと。

そして、お菓子づくりという魅力的な体験を共有することが軸となり、

この良好な関係が培われたことは間違いありません。

 

そしてまた、その陰にたくさんの偶然があったことも。

人と人との出会いはとても不思議です。

ふとしたタイミングで良い巡り会いが続いたり、

ぱったり何にも会えなかったり。

そしてその出会いの行方にしても、その後の関わり合いによって、

どんな感触のものにでもなりえるのだから。

 

 

現在2人は、お互いの人生を静かに見守りながら互いに応援し合えるような、

穏やかで心強い関係になっているそう。

KINOTTOが今回の話にふれ、思いあたったことがありました。

 

それは、「衣、食、住」という

「暮らしの基本となる感覚」を共有しつつ交流を重ねてきたことも、

2人の穏やかな関係性に大きく影響しているのではないかということ。

 

生活が多様化している今日この頃、

個々の暮らしに触れる機会は案外少ないことにも気づきます。

暮らしに寄り添うブランドKINOTTOにとって、

暮らしとともに培われた関係性に魅力を感じたのは、

もしかしたら必然であったのかもしれません。

 

ふとそのとき

「KINOTTOのモデルにいい人がいるよ」と本間さんを紹介してくれた

彼女の顔が頭に浮かび、

何だかとても嬉しく温かい気持ちになるとともに、

いつでも出会いを大切にしていきたいと

あらためて心に留めた出来事でした。

 


 

現在、本間節子さんの新刊が全国書店にて販売中。

 

『やわらか とろける いとしのゼリー』(主婦の友社)

 

 

これからの季節にもぴったり。

涼やかで目にも優しいレシピでいっぱいの新刊もぜひご覧くださいね。

日常に寄り添う道具KINOTTO -atelier h訪問であらためて思い巡らせたこと- タオル編

やわらかい芽生えの空気漂う春のある日。

 

わくわくしながらお伺いした本間節子さんのアトリエキッチンでは、

KINOTTOのハンドタオルがちょっと思わぬかたちでも活躍していました。

それはステンレスボールの下に濡れた状態で敷かれ、

お菓子づくりには欠かせない、そして手間のかかる「撹拌する」という作業を何気なく手助けしていたのです。

 

キッチンや水回りでタオルの役目といえば、

濡れた手などから水分を拭き取ってくれるもの。

また、濡らした状態では、おしぼりとして手や身体についた汚れを拭ったり、

テーブルなど身の回りを清潔に整えるため水拭きするもの。

 

見慣れた日常からくる常識に、無意識にとらわれていた気がしてハッとしました。

 

そんなKINOTTOのささやかな高揚感など全く気にとめる様子もなく(当然ですね)

心地良いリズムでホイッパーを操り、

軽やかにボールの角度を変えながら手を動かして、

次々と後の支度も整えていく本間さん。

 

その道に卓越している人の働く姿は、

どんな仕事であってもスッキリと整っていて、

清々しく爽快なものだとしみじみ見入ってしまいます。

底が安定しづらいものを固定せずに安定させ、

かつスムーズに角度を変える軽快な作業の支えとして、

いつもと違う顔をしてしっかり活躍しているタオル。

 

KINOTTOにとってすこし新鮮なその使われ方は、新たな想像力を刺激し、

新しい使用法へのイメージを広げるような素敵な体験になりました。

 

シンプルながらも暮らしに馴染む道具やアイテム。

 

特に様々なシチュエーションで活躍できるもの達には、

きっとまだまだ奥深い使い道もありそうです。

 

今治のタオル職人と素材の特性を活かしながら作りあげたタオルは、

ふんわりとしたコットンのふくらみを感じる素材感はもちろん、

確かな吸水性を発揮しつつも水分を溜め込まず乾きやすいのが特徴。

 

ご好評いただいているTシャツシリーズと同じ、

肌触り抜群のコットンを贅沢に使用してオリジナルの使い心地を目指しました。

 

気温があがりはじめると共に汗をかく機会が増え、雨の多い季節もやってきました。

 

何かとジメッとしがちなこんな時期にも、優しいタオルが身近にあることで、

少しでも快適に過ごしていただけたら嬉しいです。

日常に寄り添う道具KINOTTO – お菓子教室atelier hにて – 前編

 

前日に降り続いた雨が、朝起きるとすっかり上がっていて、

水分を含んだ空気がふわりとやさしい春のある日。

KINOTTOは、atelier h(アトリエ エイチ)へ向かいました。

 

atelier hは、KINOTTO2冊目のカタログモデルをしていただいたお菓子研究家、

本間 節子(ホンマ セツコ)さんのアトリエキッチンです。

彼女とKINOTTOの出会いは2年前。

 

 

 

カタログ撮影のあと、なんとアトリエでもKINOTTOの道具を愛用してくださっているとのこと。

日々の仕事場で活躍している道具達は、どんな表情をして、どんなふうに働いているだろう。

ぜひ、お話を聞いてみたい!

今回は、atelier hに通っているスタッフも一緒にわくわくしながらお伺いすることにしました。

 

 

 

アトリエの扉を開けると、よく使いこまれ肌に馴染んだKINOTTOのエプロンを身につけた本間さんが出迎えてくれます。

すっきりとした清潔感のある空間に、どこかやさしい空気が漂うアトリエ。

さりげない存在感を漂わせつつ、心地よく並んでいるKINOTTOの道具達。

まずその姿を見ることができただけで、とてもうれしい気分に。

 

 

 

 

本間さんは職業柄、たくさんのエプロンをお持ちです。

お気に入りの中から、その日のお仕事にKINOTTOをえらぶときのポイントを教えてくださいました。

 

「KINOTTOのエプロンは、両手を広げてパンッと干すだけで、

乾いた時にも”しわ”が気にならなくて、とっても清潔感があるの。

なので、お教室の時のように、人の目に触れる時にはよく使います。

アイロンいらずで、パンッと干すだけ!っていうのは、私の性格とよく合っているし。」

そうチャーミングに笑う本間さん。

 

 

 

 

 

シンプルながらも、KINOTTOならではの使い心地を実感していただけているなあとうれしくなります。

リネンのオックスフォードクロスは、洗濯を繰り返し、生地がなじむほど吸水性がどんどん出てくるので、道具としての使いやすさも増してきます。

「キッチンクロスのキミドリは、使っていて楽しい気持ちになるね。目が喜ぶ。」

日々のお菓子作りでも、作ったり食べたりを楽しむことを大切にしているという彼女の、そんな言葉がわたしたちに栄養を与えてくれます。

 

 

 

 

このお話は、後編へつづきます。

 

 

本間さんの新刊は、現在書店にて販売中です。

 

お菓子をつくる 季節を楽しむ82レシピ

主婦の友社

 

 

 

協力:

本間 節子(ホンマ セツコ)

お菓子研究家

毎日食べたい、やさしいお菓子を、季節感や作ることの楽しさと一緒に提案するため、小さなお菓子教室を開く。

atelier h(アトリエ エイチ)主宰。

https://www.atelierh.jp/_top.html